スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


変化の激しいホーチミン
カテゴリ: アジアのリサーチ
只今、半年振りにホーチミンを訪問しています。

アセアンの経済発展はご存じの通りですが、これを目の当りにしますとその変化の速さに驚きを隠せません。
現在ベトナムのホーチミン市では日本(清水建設やJICAなど)と共同でメイン通りの地下鉄工事を行っています。
交通インフラが整うことでモータリゼーションも必然的に変わり、結果として人の流れも変わってくると思います。
ベトナムと言えばバイクですが、そのバイクも減って電車や車が増えることも予想されます。
丁度日本の経済発展著しかった昭和3、40年代という感じでしょうか?
日本のインフラ技術輸出も成功裏に終わることを望みます。
そこでベトナムの主だった製品を観ますとバイクは「ホンダ」、車は「TOYOTA」、家電などは三洋、また水回りは「TOTO」など多くの製品が日本製品です。
また製品に限らず、コンビニも「サークルK」や「ファミリーマート」、特に「サークルK」が数多く点在しています。

HCM1


ベトナムでは現在は製品(モノ)の需要が圧倒的ですが、人口構造を観ますと今後は「教育」「医療・福祉」などモノの次に不可欠な(コト)のニーズが増してくることでしょう。

人間性についても良き面がたくさんありますが、特にそのプライドの高さはかなりのものがあります。
今後は物質的欲求から精神的な充足感の欲求が高まることが予想できます。
個人的にそれらは早ければ後5年後には移行すると思っています。

また、現在日本では社会のさまざまな分野の中で女性の登用が謳われていますが、個人的な印象ではベトナムの女性は男性に比べ勤勉で優秀な方が多く見受けれらます。

正に激変のベトナムですが、モノだけでなく精神的な充実や幸福度を高める考えや動きを大切にして行くことが大切であり、また日本でもインフラや製品などのモノに限らず「コト」を興したり、創ったりするノウハウを提供したいと考えます。





人気ブログランキングへ


2014.12.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
プロフィール

Makoto.Kato

Author:Makoto.Kato
ビジネスモデルデザイナー・キャリアコンサルタント

個人と組織の幸せへの変革をコンセプトに未来の生き方や働き方を創造します。

またアジアにおけるイノベーション創発を引き起こすリサーチから共創を行っています。


MOT(技術経営学修士)
産業カウンセラー
キャリアコンサルタント
コーチ(CTI)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
リンク
ランキング参加
応援よろしくお願いします
スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。